紅彩夫婦湯呑【静邨陶房 (せいそんとうぼう)赤焼】

紅彩夫婦湯呑

大切な二人へのプレゼントには、お揃いで使えて記念にもなる夫婦湯呑が喜ばれます。
夫婦湯呑は大切な二人へ、感謝やねぎらいなどの心がこもった贈り物。
静邨陶房 (せいそんとうぼう)赤焼は、使えば使うほどに手に馴染み風合いが良くなり、愛着が出てきます。
紅彩夫婦湯呑は存在感がある赤い色と、若いカップルから夫婦まで幅広い年齢層にご使用いただけるシンプルなデザイン。
お揃いの品、ふたりの記念日、ご両親へのプレゼントなど、記念になる品としていかがでしょうか。

ブランド 静邨陶房(せいそんとうぼう) 森山焼
生産国・生産地 日本・静岡県
窯元 静邨陶房窯
サイズ 大---約 直径7.2cm×高さ8.3cm
小---約 直径6.7cm×高さ8cm
紅彩夫婦湯呑【静邨陶房(せいそんとうぼう)赤焼】

注意書き

実店舗でも販売している為、完売になっている場合がございます。 作家作品で1点物がほとんどの為、ご希望個数をご注文いただけない場合がございます。 実際の商品と少し色味が異なる場合がございます。ご了承ください。



静邨陶房(せいそんとうぼう)赤焼について

静邨陶房 (せいそんとうぼう) 森山焼

森山焼は森町森山の地名を取って命名された森町の工芸品です。
明治42年に遠州七窯の一つ「志都呂焼」から初代 鈴木静邨氏を招き開窯しました。
その窯元の一つ「静邨陶房」の特徴はここ森町の土を使い、赤を主体とした赤焼きにあります。
先代静邨はこの赤により着目して研究を重ね、鮮烈な赤を表現することができました。
そして現在3代目鈴木龍が溢れるような鮮やかな さらなる赤を追求しています。


3代目静邨 鈴木 龍 (すずき りゅう)

昭和25年2代目静邨の長男として生まれる
昭和44年愛知県窯業高等技術専門校卒業
静岡県工芸家協会理事
2代目静邨と松菱・静岡市西武百貨店にて親子展
4年に一度森町文化会館にて森山焼と森町の陶芸家の展示「森の炎」を開催



赤を表現するにあたり、あくまでもこの土地で取れる陶土にこだわり、土作りから窯出し至るまであえて手間ひまをかけて納得のいく仕事を常に心がけ焼き物を創っております。

参照 https://seison-plus.jimdo.com


紅彩夫婦湯呑 [静邨陶房 (せいそんとうぼう)赤焼]

7,800円(税込8,580円)

完売中です。

バイヤーのおすすめ

header-accessheader-conceptheader-contactheader-goodsheader-menuheader-news