静邨陶房(せいそんとうぼう)赤焼について

静邨陶房 (せいそんとうぼう) 森山焼

森山焼は森町森山の地名を取って命名された森町の工芸品です。
明治42年に遠州七窯の一つ「志都呂焼」から初代 鈴木静邨氏を招き開窯しました。
その窯元の一つ「静邨陶房」の特徴はここ森町の土を使い、赤を主体とした赤焼きにあります。
先代静邨はこの赤により着目して研究を重ね、鮮烈な赤を表現することができました。
そして現在3代目鈴木龍が溢れるような鮮やかな さらなる赤を追求しています。


おすすめ順 価格順 新着順

  • « Prev
  • Next »

4商品中 1-4商品

バイヤーのおすすめ

header-accessheader-conceptheader-contactheader-goodsheader-menuheader-news